対処が遅れる理由

女性が薄毛に悩み始めるのは40代からが多い。
男性の場合は早い人では20代前半から薄毛になる傾向があるが、これは男性ホルモンであるテストステロンの分泌が過剰になるためである。
実は髪の毛の発毛のためには女性ホルモンであるエストロゲンが欠かせないが、それよりもテストステロンが多いと発毛が阻害されてしまうのである。
胸毛と頭髪の生え方に関係するホルモンも違うと言われており、このため胸毛が多い人でも頭髪が薄いということはよくあることである。

それに対し、女性はエストロゲンの減少が40代になってから始まってくるので、薄毛が始まってしまうのである。
薄毛の改善のためには毛母細胞が死滅しない内に早めに気づき、働きかけることが大事である。
しかし、女性の薄毛の場合は気づかないことが多いため、特に注意した方が良いといえる。

改善が遅れてしまうのがなぜ起こってしまうのかというと、女性の薄毛と男性とでは、進行の仕方が違うことが大きな原因である。
男性の場合は一部が極端に薄くなるが、女性の場合は段々と薄くなるので、気づいた時にはもう手遅れということが多いのである。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年4月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930